25歳になってやるべきことを考えてみたら、案外大きな人生論にたどり着いた。

25歳になってやるべきことを考えてみたら、案外大きな人生論にたどり着いた。

こんにちは、かなっぺ(@_pii55)です。

 

私ごとですが、先週。25回目のバースデーを迎えました。

 

毎年、何歳になっても思いますが、その年になってみるとあれ?思っていたよりも大人になってないな、こんなものかな。と感じます。今回は25歳になって、周りの大人から四捨五入したら30歳だね、なんて言われて「え〜まだ心は全然20代なんだけど!!!」と声を大にしたいもの、お姉様方の優しい笑みが近くにあるため、コホンっと少し咳払い。

 

25歳になったからといって生活が激変するの???

 

SNSで友達が結婚・出産の報告のアップを横目に、美味しいものを食べ、楽しくお酒を飲んではああ、またやってしまったと辛い朝を迎えている私も、そろそろこの機会に今、やるべきことを改めて考えてみようと思ってこの記事を書きます。(笑)

なんとなく生まれた人なんていない。みんなそれぞれやりたいことがあって叶えるために生まれてきた。

 

何年前の誕生日か忘れましたが、母が私に教えてくれたことで忘れられないエピソードがあります。

 

赤ちゃんは生まれてくる時に、グッーと拳を握っているよね。

その中には”夢”がたくさん詰まっているんだけど、

初めて手を開いた時にその’’夢’’は空へふわ〜と飛んで行ってしまうの。

その’’夢’’を掴むために人は生きるんだって。

 

母の親友が私が生まれた時に話してくれた話で、聞いた時に思わず涙が溢れました。人はみんなオギャーと生まれて「よく頑張って生まれてきたね」と、みんなに歓迎されたその瞬間からそれぞれの人生の使命と役割を果たすミッションが始まっているようで。

 

ちなみに25年間生きていて今のところまだ、これだ!私も使命はこれしかない!死ぬ物狂いでやり抜いてやる!!!ということに出会えていない。

 

なくてはならない人になる=稀有な存在になること、少ない側の人になること。

 

 

同じようにキラキラ輝くものなのに、ジルコニアよりダイヤモンドの方がずっと価値が高いのは、ダイヤモンドの方が取れる量が少ないから、らしい。確かに。

 

私たちも大勢の人にできないことができたり、得意・専門としていることがあると、たくさんの人から必要とされます。それもたくさん持っているともっと大勢の人から、抜きんでることができる。

 

例えば、

性格が良いイケメンよりも、カッコよくて仕事ができて性格が良いイケメン。

ネットフリックスが趣味のOLよりも趣味を生かした映画評論家のユーチューバーOL。

ワイン好きのシェフよりも世界中のワインを求めて旅人シェフ。

 

といったように、組み合わせていくごとに自分の強みになる。

 

自分より何かに優れていてすごいな。と思う人に出会うと自分と比べてしまう。その人が例え苦しい環境にいようと、どんなバックグラウンドを持っていようと、人はよく見える。そしてみんなよく見せる。

 

毎日、同じ日なんてない。自分は「何をやるのか」「何ができるのか」を考えなければいけない。考えて行動。その積み重ね。過去でも未来でもなく今ここ。自分で行動していくことではじめて前に1歩進む!今日より明日、明日より明後日が素敵な日になるようにみんな頑張ろうね。

 

今日も素敵な1日になりますように。

かなぴい(@_pii55)でした!

20代のライフスタイルカテゴリの最新記事